ホーム > 消費者向け情報 > コンプライアンスについて

消費者向け掲示板

コンプライアンスについて

日米連信頼性向上自主行動計画

 米穀小売業界全体として、食品の安全や品質を確保し、消費者から信頼され続けるようになるよう、次の通り必要な情報の提供・発信、相談対応、行政機関等との連携等を行う役割を果たします。

 組合員に対して、「米穀小売業者の5つの基本原則」の周知を図るとともに、本基本原則に基づいて組合員が消費者の信頼を確保・向上するために行う各種取組について、相談対応します。
 
 専門家によるセミナー等を開催することなどにより、組合員に対して表示の適正化に向けて必要な支援を行う。

 セミナー等を開催することにより、コンプライアンス体制の構築の必要性について継続して周知徹底を図ります。

 消費者に対して、米穀小売業界としての取組や食品に関する正しい情報等について、本会のホームページなどを通じて提供します。

 米穀小売業界としての信頼性向上に向けた取組の中で明らかになってきた諸課題については、農林水産省等の行政機関と緊密に情報を共有し、連携しつつ、解決に向けて取り組みます。

米穀小売業者の5つの基本原則

基本原則1 消費者基点の明確化
 消費者を基点として、消費者に対して安全で信頼される米穀を提供することを基本方針とします。

基本原則2 コンプライアンス意識の確立
 取り巻く社会環境の変化に適切に対応し、法令や社会規範を遵守し、社会倫理に沿った企業活動を進めていきます。

基本原則3 適切な衛生管理・品質管理の基本
 安全で信頼される米穀を消費者に提供するために、適切な衛生・品質管理をしていきます。

基本原則4 適切な衛生管理・品質管理のための体制整備
 適切な衛生管理・品質管理を行う体制を整備し、それが形骸化しないよう改善を行っていきます。

基本原則5 情報の収集・伝達・開示等の取組
 消費者などの信頼や満足感を確保するため、常に誠実で透明性の高い双方向のコミュニケーションを行います。

ページの先頭へ戻る