ホーム > 組合員向け情報 > トピックス

トピックス

トピックス

米の先物取引 本上場を農水省に申請

2017/07/18

 大阪堂島商品取引所は7月11日、農水省に対して米の先物取引の本上場を申請した。
 大阪堂島商品取引所は、本年3月から「検証特別委員会」を開き、検証を行った。それによると、取引量や生産者の取引参加者が増加する傾向にある。取引開始以前に懸念されていた価格の極端な乱高下は確認されず、生産、流通に著しい支障を及ぼしているとの具体的な事実は確認されなかった。また、生産者がマーケットを見ながら自らの経営判断で生産を行うことを支援する改革が進められるようとしている中にあって、先物市場はその基盤の一部を提供するものであり、米政策の方向性に沿ったものであると結論付けた。
 試験上場は6年を迎え、8月7日が期限であるため、それまでに農水省としても結論を出すことになる。しかしながら8月上旬には内閣改造など政治的日程もあり、早くなる可能性もある。
 本会の長谷部理事長は、検証委員会の委員となっていった。

ページの先頭へ戻る