ホーム > 組合員向け情報 > トピックス

トピックス

トピックス

29年産水稲の作付面積及び9月15日現在の作柄概況

2017/10/02

 農水省は9月29日、29年産水稲の作付面積及び9月15日現在の作柄概況を公表しました。それによると作付面積は160万ha(前年より1万1000ha減少)、うち主食用は137万ヘクタール。
 9月15日現在の作柄は、田植え期以降おおむね天候に恵まれたことから一部を除き「平年並み」ないし「多い」となったものの、登熟は、豊北太平洋側及び関東を中心に7月下旬から8月にかけての日照不足等の影響がみられたことから、10アール当たり予想収量は534キロとなった。
 主食用の予想収穫量は731万3000トンで前年より18万3000トン減少し、指針より4万トン減少し、平成30年6月末在庫は178万トン程度まで減少する見込み。
 

Get Adobe ReaderAdobeReaderをお持ちでない方はこちらのバナーをクリックし、
ダウンロードしてからご覧下さい。
ページの先頭へ戻る