ホーム > 組合員向け情報 > トピックス

トピックス

トピックス

平成30年産水稲の8月15日現在における作柄概況

2018/09/03

農水省は8月31日、平成30年産水稲の8月15日現在における作柄概況を公表した。北海道を除き、「平年並み」又は「やや良」となり、豊作基調になっている。
東日本を中心とした早場地域(19道県)の作柄は、総じて「平年並み」又は「やや良」と見込まれるものの、北海道は「不良」と見込まれる。これは、田植え期以降おおむね天候に恵まれたことにより、全もみ数が一部を除き平年以上に確保されると見込まれ、登熟も順調に推移していると見込まれるためである。なお、北海道は6月中旬から7月中旬の低温・日照不足の影響により全もみ数が「少ない」と見込まれるためである。
西日本を中心とした遅場地帯(27都府県)の生育は、田植え期以降おおむね天候に恵まれたことから「平年並み」又は「やや良」で推移している。

Get Adobe ReaderAdobeReaderをお持ちでない方はこちらのバナーをクリックし、
ダウンロードしてからご覧下さい。
ページの先頭へ戻る